Calendar

3月
2
「令和2年度『京都中小企業技術大賞』候補募集」のお知らせ
3月 2 @ 00:00 – 4月 30 @ 23:59

(公財)京都産業21では、令和2年度の『京都中小企業技術大賞』候補募集を行っています。

技術開発に成果を挙げ、京都産業に貢献した中小企業の功績を讃えるもので、独創性のある優秀な技術又は製品を開発された企業のご応募をお待ちしております。

 

◆ 募集期間

令和2年3月2日(月)~4月30日(木)

◆ 応募資格

①京都府内に本社を置く中小企業であること

②対象となる「技術又は製品」に売上実績があること

 

詳しくは下記財団ホームページにてご確認ください。

https://www.ki21.jp/technology/r02/boshu/

 

■本件に関するお問合せ先■

(公財)京都産業21 新産業推進部 新産業推進グループ

TEL:075-315-8677 FAX:075-314-4720   E-mail kensho@ki21.jp

3月
13
京都創造者大賞2020 ~創造と交流が生み出す未来~ 募集のご案内
3月 13 – 4月 30 全日
京都創造者大賞顕彰委員会(京都府・京都市・京都商工会議所)では、「京都ブランド」のイメージアップや京都の都市格向上に著しく貢献している、または、今後貢献することが大いに期待できる取り組みの担い手を「京都創造者」として位置付け、オール京都により顕彰する「京都創造者大賞」を2007年から実施しており、この度、14回目となる「京都創造者大賞2020」を募集しています。

地方創生の先駆的なモデルとして相応しい事例や、京都が目指す「世界交流首都・京都」の実現に寄与する活動、革新的なサービスや商品の開発など、自薦・他薦問わず。さまざまな取り組みを募集中ですので、皆様方のご応募、ご推薦をお待ちしております。

■募集期間:3月13日(金)~4月30日(木)当日必着

■賞の種類:京都創造者大賞1点 / 京都創造者賞数点(3点程度)
■副  賞:トロフィーおよび活動助成金(大賞100万円、創造者賞50万円)
■そ の 他:自薦・他薦は問いません

■主   催:京都創造者大賞顕彰委員会

◇◇◇詳細・応募はこちら
□□□京都創造者大賞事務局□□□
〒600-8009
 京都市下京区四条通室町東入 京都経済センター7階
  京都商工会議所 産業振興部 京都創生課内
TEL 075-341-9773  FAX 075-341-9796
E-mail taisyo@kyo.or.jp
4月
20
研究開発助成金公募のご案内 ~三菱UFJ技術育成財団~
4月 20 – 5月 20 全日

三菱UFJ技術育成財団は、技術志向型中小企業の総合的育成を図ることにより、わが国経済の一層の発展に寄与することを目的として、昭和58年に設立されました。
当財団では、このような目的を達成する事業の一環として、設立以来、新技術・新製品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っております。

今年度第1回目となる助成金の公募を4月20日から5月20日まで実施いたします(300万円以内、交付決定時前払い)。新規性や独創性に富むプロジェクトの積極的なご応募をお待ちしております。

【研究開発助成金】
・応募資格者

原則として設立もしくは創業後または新規事業進出後5年以内の中小企業(大企業や上場企業の子会社・関連会社を除く)または個人事業者で、優れた新技術・新製品等を自ら開発し、事業化しようとする具体的な計画を持っている者。

・対象プロジェクト
現在の技術からみて新規性があり、原則として2年以内に事業化の可能性がある研究開発プロジェクト。

・助成金額
1プロジェクトにつき300万円以内 かつ 研究開発対象費用の2分の1以下。

・公募期間
4月20日から5月20日

・選考方法
専門家・学識者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公正なる選考を行います。

詳細な応募方法は以下のリンク先およびリンク先に添付している応募要項をご参照ください。
http://www.mutech.or.jp/subsidy/index.html

また、これまでに当財団より助成金交付または債務保証を受けた中小企業を対象に、当財団が株式を保有する事業も行っています。対象企業の創業以降の成長ステージを踏まえて株主となることで、長期的に支援いたします。

【株式保有】
・応募資格者

当財団の助成金交付または債務保証を受けた中小企業のうち、当財団の助成金交付または債務保証を受けた際のプロジェクトによる新技術・新製品等の開発および事業化が実施され、成長が見込まれる者。

・助成金額
1社につき500万円以内(議決権の2分の1を超えない金額)。

・公募期間
随時

・選考方法
専門家・学識者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公正なる選考を行います。

お問い合わせ
当財団事務局に直接お問い合せ下さい。
問い合わせ先はこちら