令和6年度 京都市中小事業者の高効率機器導入促進事業補助金

2024年4月30日

 京都市では、京都市地球温暖化対策条例(以下「条例」という。)に基づき、市内の準特定事業者を対象に、令和4年度からエネルギー消費量等報告書の提出を義務化しており、これをもとに事業者個別のCO2排出量や省エネ機器の導入等の情報を事業者へフィードバックしています。
 この補助事業は、フィードバックを踏まえた事業者の省エネ改修を後押しするため、中小事業者が行う省エネ効果の期待できる高効率機器(空調、換気、照明、給湯設備)の導入に係る費用を支援するものです。

○募集概要(※詳細は、「募集要領」及び「よくある質問と回答」をご確認ください。)

(1)補助対象者(次のア、イのいずれかに該当する事業者)
  ア 条例に規定する準特定事業者 ※1
    ※1 事業の用に供する建築物(床面積合計が 1,000 ㎡以上)の所有者
  イ 京都市内において、既に事業活動を営んでいる中小企業者等※2で、かつ
    エネルギー消費量等報告書※3を提出できる事業者
    ※2 中小企業者、医療法人、社会福祉法人、学校法人等
    ※3 事業活動で消費した、電気、ガス、灯油等のエネルギー利用量等に関する報告書
       詳細は京都市HP参照
(2)補助対象設備
  高効率空調設備、高機能換気設備、高効率照明機器、高効率給湯機器
(3)補助金額等
  補助対象経費の1/2、補助上限300万円
(4)主な補助要件
  高効率空調設備:30%以上の省CO2効果があること
  高機能換気設備:全熱交換器であること
  高効率照明機器:自動調光制御機能を有するLEDであること
  高効率給湯器 :30%以上の省CO2効果があること

募集要領(PDF)
よくある質問と回答

○CO2削減算定方法及び見積書について

CO2削減算定方法については、以下の「応募申請の手引き」、及び計算シートをご活用ください。
応募申請の手引き(PDF)
空調削減計算書(Excel)
LED削減計算書(Excel)
全熱交換機削減計算書(Excel)

見積書については、以下の「見積書記入例」をご活用ください。
※本補助金は、国(環境省)事業であることから、より厳格な審査・監査が行われる可能性があります。申請書類提出後であっても、上記の記入例のように、見積書の修正を指示する場合があります。
見積書記入例

○申請受付期間

令和6年4月30日(火)~6月28日(金)必着
(受付時間:上記期間中の平日の午前9時~正午、午後1時~午後5時)

 (一社)京都知恵産業創造の森
〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
TEL (075)353-2303
FAX (075)353-2304
お問い合わせフォームはこちら

○申請書類

1 提出書類チェックシート
2~5 交付申請書類(様式第1~4号)※1
6 CO2削減計算シート等(計算根拠資料)※1
   ※1 計算根拠を確認する必要があるため、エクセルシート等を電子媒体で提出すること。
   ※1 エクセルシートの、色付きセルに必要事項を入力すると、計算結果が自動で表示されます。
7 見積書(原則2者分)の写し(所要額の内訳が分かるもの)
8 更新前後の設備状況が分かる書類
 ① 更新前設備の設置位置図、写真
 ② 更新後設備の設置位置図、カタログ等
9 補助対象設備を導入する建物の登記事項証明書 ※2 
10 設備設置承諾書(自社所有でない建物の設備を更新する場合のみ)
11 【法人の場合】法人登記事項証明書 ※2
  【個人の場合】開業届(写)又は所得税等申告書(写)
12 市民税,固定資産税及び都市計画税の市税に関する納税証明書 ※2 
  ※2 申請日から3箇月以内に発行されたもの

○参考資料

交付規定(PDF)